歴男マイケルオズの「思い入れ歴史・人物伝」

戦国や幕末・維新を中心に古代から現代史まで、主に「人物」に視点を置きながら、歴史好きのオヤジが思いつくままに書いています

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」実朝暗殺事件の余波

27日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、先週20日に続いて源実朝暗殺事件が描かれました。ドラマの冒頭で事件が起こり、源仲章と実朝が殺され、後半は事件の余波とさらなる騒乱の端緒が次々と登場していました。

公暁の誤算と狡猾な三浦義村

事件で、公暁が真っ先に殺そうとした相手が北条義時だったことが分かります。ただ、義時は源仲章太刀持ち役を奪われ、その結果、仲章が義時と間違われ巻き添えを食ってしまいます。公暁にとっては想定外のことが起きたわけです。

義時を討ち損じたことで、公暁はパニック状態に陥ったのだろうと思います。史実では、殺されたのは実朝が先か、仲章が先か分かりませんが、いずれにしても後には引けなくなってしまい、実朝暗殺に至ったのでしょう。

公暁にとってのもう一つの誤算は、三浦義村が自分に味方してくれなかったことです。義時を打ち損じたことで義村が北条氏についたことを知らず、公暁は三浦を頼ってしまったばかりに、将軍殺しの謀反人として討ち取られてしまったわけです。

それにしても、三浦義村は狡猾な人物です。次回登場すると思われる、義時と伊賀の方(のえ)の子・政村の烏帽子親となり、北条氏にしっかりと布石を打つことで、三浦氏の安泰を図ろうとします。

一方で、公暁の一件にかかわっていたように、隙あらば北条氏に取って代わろうという野心もしっかりと持っています。義村の子の代になってその野心が顕在化し、やがて宝治合戦という鎌倉時代中期の内乱につながっていくのです。

政子の自害を阻止したトウ

ドラマでは、実子の実朝が殺され、孫にあたる公暁も討たれてしまい、絶望の底に叩き込まれた政子が自害しようとする場面がありました。すんでのところでトウが阻止したわけですが、トウは偶然居合わせたのでしょうか?

自害を阻止された政子は、トウに自分を殺すよう頼みますが、トウは「主の命令なしに人は殺せぬ」と言い、自害しないよう訴えます。裏読みするならば、命令に従って行動するトウが、自らの意志で政子を止めるとは到底思えないわけです。

次回以降、謎解きがされるかもしれませんが、私はトウに政子の監視を命じた人物がいるのではないかと推測します。その人物は義時である可能性が高いわけですが、私はあえて「命じたのは時房だろう」と考えたいです。

時房は人の心を察知する能力にたけた人物であり、政子の深い悲しみも理解していたと思われます。だからこそ、政子に万が一の行動を起こさせないよう見張らせていたのではないでしょうか。

もちろん、義時が命じた可能性も十分考えられます。ただ、義時の本当の気持ちはともかく、建前としては「ここで政子に死なれたり、去られたりしたら、今後の幕府の運営に支障が出る」という打算があったのだろうと思われます。

 

いよいよ、ドラマも大詰め。クライマックスの承久の変に突き進んでいきますね!

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」実朝暗殺がもたらした亀裂

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」も、いよいよ大詰めとなってきました。20日と次回27日の2週連続で、源実朝暗殺事件をたっぷりと見せようという演出が組まれ、エンドクレジットに「つづく」の文字が欲しかったほどです(笑)

さて、前回の大河コラム「影が薄い鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)」で、ネタバレに遠慮して書けなかった「実朝暗殺の巻き添えを食った人物」ですが、20日の放送でだいたい分かったかと思われますので書きます。源仲章です。

仲章は、良くも悪くも後鳥羽上皇と将軍(鎌倉殿)の仲立ち役をしていました。実朝が上皇の子を次の将軍に迎え入れるために、朝廷の事情にあかるい仲章を重用していたことは間違いありません。

ドラマではどう描かれるかはわかりませんが、史実として残ったのは、実朝と仲章が同時に殺されてしまったということ。それは、朝廷との太いパイプを一気に失ってしまったことを意味しているのです。

実朝が殺され、実行者の公暁も討たれたことで、鎌倉幕府の根本である将軍が不在となってしまいます。執権である北条義時が実権を握っているとはいえ、北条氏単独で政権を担えるはずはなく、一刻も早く後継将軍が必要となったのです。

ただ、実朝は右大臣という非常に高い身分だったため、これまでのように「源氏の血統のある者」を据えればいいというわけにはいきません。皇室や摂関家といった身分でなければ、将軍の座に就けなくなってしまいました。

そこには当然、京の朝廷側と鎌倉幕府(北条氏)との「綱引き」が出てくるわけですが、その仲介役ができた仲章が不在となってしまったため、双方が激しく引っ張り合い、ついには「綱が切れてしまう」事態へと発展するのです。

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com

 

 

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」影が薄い鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)

鎌倉殿の13人は、源氏最大の悲劇ともされる「実朝暗殺」に向けてのカウントダウンが始まりました。史実である公暁の実朝暗殺に、三谷脚本はどのような背景を描いていくのか、早くも次回以降が楽しみです。

第43回では、将軍の源実朝後鳥羽上皇に将軍の後継者を打診し、なんと上皇の子(頼仁親王)を実朝の養子に迎え入れることが決まりました。実朝の狙いは、自身が将軍を後見することで、事実上の「将軍親政」を行うことだったのです。

この流れは実朝暗殺で源氏将軍が途絶えた以降も、北条氏によって引き継がれていきます。この時の親王将軍は実現しませんでしたが、摂関家から三寅(藤原頼経)を迎え、4代将軍となりました。

幼い将軍に実務能力は無く、政治権限を握っていたのは執権の地位にあった北条氏で、とくに北条泰時の系譜である「得宗家」が中心となっていました。つまり、2代頼家の時の「13人合議制」が、完成形となったわけです。

摂関家からの将軍は2代で終え、そのあとは念願だった親王将軍が誕生し、4代にわたって続いていきます。しかし、将軍に実権がないことには変わりなく、北条得宗家の権限だけが、どんどん増大化していったのです。

ところで、公暁による実朝暗殺では、もう一人重要人物が巻き添えを食っているのです。ネタバレっぽくなるので名前は伏せますが、この人物の殺害も後継者選びに大きな影響を与えたのではないかと思っています。

 

★宣伝です!「第二の人生」をどう生きればよいかお悩みの方。
 私の経験をもとにアドバイスいたします。ぜひ読んでみてください!

 

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」二人の宿老についての感想

歴史・人物伝の大河コラム、今回は昨日放送された第42回「夢のゆくえ」を見た感想として、三善康信大江広元の二人の宿老について書きます。

この回では、源実朝が将軍としての権威を示そうとするのに対し、北条義時はあくまでも執権を中心とした合議制を貫こうとし、政治姿勢で両者が対立するという構図が描かれています。

私が注目したのは、実朝に忠節を尽くす三善康信と、政子に接近する大江広元でした。三善は時として義時の意見に異を唱えますし、大江は義時に近いと思っていたのですが、義時よりも政子に政治力を求めてきます。

その理由として考えられるのは、三善も大江も鎌倉幕府を築き上げたのは源頼朝という強烈な意識を持ち続けていたからではないでしょうか。頼朝は二人にとって、京都から鎌倉に呼び寄せてもらい、重臣に取り立ててもらった大恩人なのです。

それゆえに、三善は実朝に「頼朝のような人物になってほしい」と願い、大江は「頼朝の威光を引き継ぐべき存在は妻の政子だけ」と考えています。おそらく大江広元は、義時に対して「付かず離れず」の姿勢を貫くのでしょう。

政子には、丹後局も「頼朝の妻である覚悟を示せ」と叱咤激励しています。この後のドラマで、政子がどんなふうに変わっていくのか。義時との政治的対立という場面が出てくるのか、注目してみたいと思います。

 

さて、ドラマのラストに隠棲した北条時政が登場しました。時政は失脚によってフェイドアウトしましたが、没したことがどのように語られるのか興味深かったのですが、再登場という形を取ったのは、さすが三谷脚本だと思いました。

とかく悪人として描かれがちだった時政を、終始一貫して「悪気のない権力者」として描き続け、自らが望んでいた穏やかな晩年を過ごす姿で締めくくったのは、とてもよかったと思います。このドラマで新しい時政像が出来た気もしますね(笑)

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com

 

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」和田合戦が源実朝にもたらしたもの

30日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、鎌倉時代前期最大の戦いである和田合戦が描かれ、有力御家人同士の争いを制した北条氏が、御家人のトップに立ったわけです。

侍所別当だった和田義盛が敗死したことにより、政所別当だった北条義時は侍所別当を兼ねることになり、それが執権の始まりになったとされています。名実ともに幕府の最高権力者になったわけですが、そうは問屋が卸しません。

和田合戦は、将軍・実朝を北条氏か和田氏か、どちらが手中に収めるかが勝敗のカギを握っていました。義時と大江広元は、実朝の御教書をもって御家人たちを味方に引き入れることに成功し、勝利に導いたのです。

ただ、この戦いは思わぬ副産物を生みました。

戦いの結果、将軍の権威は一気に高まり、実朝自身が最もそれを自覚したのではないでしょうか。つまり、北条氏に頼る政権ではなく、将軍親政でやっていけるという自信を持ったのだと思われます。

このあと実朝は、将軍親政を進めようとするだけでなく、自らの後継者として後鳥羽上皇の皇子を望むようになります。当然、義時との関係もギクシャクするわけですが、そのあたりを次回以降のドラマは、どう描いていくのでしょうか。

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com

 

 

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」和田合戦の引き金となる泉親衡とは何者?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、いよいよ来週、鎌倉時代前期最大の内乱である「和田合戦」が描かれます。第40回はその伏線となる事件として泉親衡の乱がありましたが、泉親衡の正体は怪しげに描かれていました。

吾妻鏡でも、泉親衡はこの時だけに登場する人物で、謎に包まれています。一応源氏の末裔ということになっていますが、定かではなく、乱を引き起こすような有力な御家人だったわけでもなさそうです。

信濃御家人ということで、ちょっと興味がわいたので、私なりに泉親衡の乱について推理をしてみました。ここからは、まったくの独自解釈に過ぎませんので、史実とは無関係だと思って読んでいただければ幸いです(笑)

1 北条氏の陰謀説

北条義時にとって、御家人の長老格である和田義盛の存在は「目の上のたんこぶ」とも言えました。しかし、源実朝の信頼が厚く、三浦一族に属することから、他の御家人たちのように容易に排除できません。

そこで、「頼家の遺児を担いだ者が北条氏打倒を企てた」という事件をでっちあげ、事件に加担したとして義盛の息子やおいに濡れ衣を着せるのです。つまり、泉親衡は有力御家人でもなんでもなく、ひょっとすると架空の人物かもしれません。

2 和田氏よる反乱説

千寿丸が頼家の遺児であることが事実なら、和田氏が密かに千寿丸をかくまっていたということも考えられます。義盛が存命のうちは北条氏を抑えられていても、いずれは和田氏を圧迫し、お家存亡に陥るかもしれないと危機感を抱き始めます。

ただ、和田氏が表立って反乱を起こすわけにはいきません。そこで泉親衡という人物を立て、千寿丸を旗頭に決起しようとしました。ただ、その前に北条氏が察知し、企みがバレてしまったのです。泉親衡が何者かは不明です。

3 源氏の一族による蜂起説

泉親衡は、源氏の末裔とされていますが、源氏を名乗っていたのは200年以上も前なので現実的ではありません。そこで、信州の豪族という点に着目し、泉親衡あるいは千寿王が、木曽義仲の一族もしくはゆかりの人物だったと推理します。

義仲が滅んだのは、30年ほど前に過ぎませんので、再興を密かに企んでも不思議はありません。千寿王を「頼家の遺児」として担ぎ上げることで、御家人の和田氏らを仲間に引き込むことができると考えたのではないでしょうか。

 

ドラマの三谷脚本では、源仲章が「泉親衡」を名乗って、御家人間の騒乱を企てたらしいという筋書きになっていました。泉親衡が謎の人物だからこそ、こうしたストーリーが作れるわけです。いずれ、その正体が判明する史料が見つかると面白いですね。

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com

 

歴史・人物伝~大河コラム:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」伏線を張り巡らされた第39回のドラマ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、第39回からいよいよラストへと向かっていくわけですが、この回は様々な伏線が張り巡らされると同時に、三谷幸喜脚本の奥深さを改めて実感させられました。

性的マイノリティの実朝を描く

まず、源実朝「性的マイノリティ」だったことを明らかにしています。自分の気持ちを恋歌にしたためて北条泰時に送って返歌を求め、正室には「世継ぎを作るつもりがない」ことを赤裸々に告白しました。

少し前の時代だったら、性的マイノリティを前面に出したドラマは、なかなか作れませんでした。多くの人が男女の固定概念を持っていたためで、演出側も「とても受け入れられない」と考えていたからでしょう。

実朝が性的マイノリティだとわかったことで、「なぜ、実朝に実子がいないのか」という疑問も解消されました。それと同時に、次の鎌倉殿を巡って、今後様々な動きが出てくるものと予想されます。

ポイントは源仲章でしょう。実朝に子ができないと分かったでしょうから、朝廷が幕府をコントロールできるよう後継者選びに関与してくると思われます。史実では、後鳥羽上皇の皇子が候補に挙がってくるわけです。

この動きは、源氏の血筋こそ後継者だと考える勢力との対立を生むことになります。それが、頼家の子の公暁だったり、阿野全成の子の時元だったり・・・さらに、和田合戦の引きがねとなる泉親衡の乱にも結び付いていくのです。

鎌倉時代の内乱のきっかけも

分かりやすい伏線では、和田義盛北条義時に反発するシーン。言うまでもなく和田合戦につながっていく場面です。義盛は、頼朝挙兵の頃からの有力御家人で、頼朝を鎌倉殿にしたのは自分たちだという強い自負を持っていました。

反発心を打ち明けたのは、一族でもある三浦義村です。ただし、義村は完全に和田氏の味方というわけではなく、おそらく「二股膏薬」を張っていて、状況次第で義時に寝返ることも考えていたに違いありません。

それでも、義時との関係性が微妙な雰囲気になってきたようすもうかがえます。歴史としては先のことになりますが、いずれ三浦氏は北条氏と激突し、三浦氏滅亡につながる宝治合戦という内乱を引き起こすのです。

泰時の幼馴染で従者だった鶴丸が、義時から諱を与えられ、平盛綱と名乗るようになったというのも、歴史を考えると大きなポイントと言えます。盛綱は、北条氏の私的な家臣団である御内人(みうちびと)の先駆けとなったのです。

のちに、御家人の代表格だった安達氏を滅ぼすのは、盛綱の孫の平頼綱ですし、鎌倉幕府滅亡時の最高権力者だった北条高時が、御内人の長崎氏に政治を任せっぱなしにしするほど、権力が増大していくのです。

 

最後に、ドラマの冒頭でサプライズがありました。語りの長澤まさみさんが、侍女の役で顔を出したのです。週刊誌で「語りだけでなく、配役をあてがわれた」と書かれましたが、こんな形で登場するとは思いませんでした。

さすがは三谷幸喜氏。脱帽です(笑)

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→私が運営するサイトです

tabidouraku.com